成長環境を知る

教育を大事にする事務所

当事務所は、勤務弁護士が望む限りとことん面倒を見るという姿勢で臨みます。
具体的な教育体制は、OJT、外部研修、所内のノウハウ共有の3点があります。

1.OJT
当事務所はOJTの教育を大事にしています。
1年目は先輩弁護士と一緒に共同で事件処理を行っていただきます。
そして、簡単な事件から徐々にひとりで事件を担当してもらい、随時の報告と起案のチェックを行っています。
平均的には2年目の後半以降は、ひとりでの事件対応になりますが、ひとりで抱え込むことが無いよう弁護士同士で相談・協議できる体制にしています。
都度、新人弁護士と面談を行い、成長度合いを確認しながらステップアップしてもらいます。

2.外部研修
専門性を高める機会などに積極活用

3.所内のノウハウ共有
外部研修の共有や最新の判例・事例研究など

入所後のキャリアステップ
入所後のキャリアステップ
※多様な案件を経験した後にご自身の強みとなる分野や深めたい専門分野を決めていただくことが可能です。