弁護士 下山慧(70期)

弁護士 下山 慧(70期)

弁護士を目指した理由

学生時代から、多くの人にとって法律は身近なものではなく、法律を知らないことで損をしたり不利益を被っている人が多いと感じていました。このような人たちを救うことができないかと考えたとき、弁護士という身近な存在となり、寄り添ってあげたいと思いました。

事務所の魅力と雰囲気

弁護士や事務員の数が多い事務所ですが、定期的な懇親会や事務所会議などの実施により、弁護士はもちろん、事務員についても自由に意見を言うことができる環境にあり、風通しの良い事務所だと思います。

事務所を選んだ理由

弁護士数が多く、教育に関してもしっかりしていると思いました。また、将来的には事務所を拡大する計画があるなど、今後の発展が期待できるところも魅力の一つだと感じました。

入所後に特に成長できたと感じるところ

他の弁護士事務所よりも、新人弁護士のときから担当する事件数が多いため、早い段階から多くの法律分野での経験を積むことができます。そのため、他の事務所の弁護士よりも徹底したスケジュール管理ができるようになりました。

現在の仕事内容

通常の法律業務の他、ホームページの原稿の作成や委員会にも参加しています。また、業務の効率化のために分野ごとの事件処理マニュアルを作成しています。

日々の仕事で大切にしていること

初めて法律相談にお越しになる方にとっては、弁護士事務所に足を運んでいただくことの敷居が高いと思っております。そのため、相談にお越しになった方には、できるだけわかりやすさや親しみ対応をするように心掛けています。

入社前後で感じたギャップはありますか?

事務所が大都市から離れていますが、地方にある当事務所であっても事件数が多いと感じました。また、解決実績も多いため、わからないことがあっても先輩の弁護士に聞いたり、過去の記録などを調べるなどして解決ができると感じました。

個人としての今後の目標

弁護士3年目となり、一通りの業務を一人でできるようになってきたと感じます。そのため、今後は今まで取り組んでこなかった分野へ挑戦したり、より規模の大きい事件にも対応できるよう日々研究を続けていきたいです。

好きな休日の過ごし方

基本的には家でゴロゴロ過ごしています。時間があるときには、仕事を忘れてリフレッシュするために、遠くに旅行に行くことにしています。

趣味・特技

旅行、パズル

青森県八戸市(青森県)の魅力・好きなところ

東京まで新幹線で3時間くらいで行くことができ、交通の便は良い方だと思います。また、八戸市は港町なので、安くて新鮮な海産物を食べることができます。

こんな人と一緒に働きたい

弁護士というのはその経験がものを言う職業であると思っています。そのため、日々勉強し向上心をもって仕事に望む姿勢を持っている人であれば、私としても刺激になるため、そのような方と一緒に仕事をしていきたいと思っています。

修習生へのメッセージ

1年という短期間で様々な立場の仕事をするため、大変な立場だと思います。それでも、実務家となれば、必ずその経験が役に立つと思うので、自分が志望していない立場の仕事であっても精一杯取り組んで欲しいと思います。

弁護士・スタッフの声

当法律事務所の弁護士・スタッフにインタビューし、
事務所を選んだ理由、現在の仕事内容など「リアルな声」をお届けします。