2020年は、新型コロナウイルス感染症の影響で司法試験の日程が変わったことに伴い、例年開催してきたサマークラークではなく、時期をずらしてオータムクラークを開催いたしました。
また、今回は、新たな取り組みとして、オータムクラークに先立って、オンライン形式での事前説明会を開催しました。
事前説明会には多くの方がご参加いただき、この中から11月18日に当事務所で開催したオータムクラークについては4名、11月25日にオンライン形式で開催したオータムクラークについては2名の方がご参加くださいました。

例年開催してきたサマークラークは2日間に渡って実施していましたが、2020年は、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して、1日間のみの実施となりました。
なお、大まかなスケジュールは次のとおりでした。

13:00 ガイダンス(自己紹介)
13:10 事務所紹介・見学
13:30 座談会
14:00 法律事務所業界解説
14:45 地方事務所の魅力解説
15:30 注力分野解説
17:00 事例検討(ワーク)

参加者の皆さんは、最初は緊張気味でしたが、自己紹介や事務スタッフを交えた座談会を行うにつれて、徐々に事務所の雰囲気に慣れてきたようです。
オータムクラークの最後には、当事務所の今後の経営戦略を考えていただく事例検討(ワーク)を実施しました。
検討時間が限られていたにもかかわらず、参加者の皆さんからは多様な意見を出してもらい、その着眼点には目を見張るものがありました。
例年と異なり、懇親会や市内の観光などを実施しませんでしたが、参加者の皆さんに満足いただけたのではないかと思います。

サマークラークやオータムクラークは、地方事務所の実情を知るよい機会だと思います。
サマークラーク、オータムクラークへの参加や当事務所の採用について、ご興味がある方は、ぜひ、当事務所までお問い合わせください。

(弁護士・下山慧)